ドラマ「映像研には手を出すな」第1話のあらすじとネタバレまとめ【スピート感最高!】

映像研には手を出すな!

月刊!スピリッツで連載中の「映像研には手を出すな!」が実写化されて放送されています。

4月5日日曜日深夜に第1話が放送されましたが視聴しましたか?

一部地域ではこれから放送される予定なのでまだ1話を視聴していない人もいると思います。

今回は第1話のあらすじとネタバレをまとめていますので、これを読んでさらにドラマを楽しんでみてくださいね。

見逃し配信ドラマ「映像研には手を出すな」第1話を見逃した場合は、最新話を

MBS動画イムズ

TVer

で見ることができます。

 

ドラマ「映像研には手を出すな!」の原作が、ebookjapan無料試し読み出来る


ドラマとは一味違う
映像研には手を出すな!」を体験してみませんか!

>>「映像研には手を出すな!」原作をebookjapanで試し読みする

 

「映像研には手を出すな」キャスト、登場人物は?

浅草みどり役・・・齋藤飛鳥

水崎ツバメ役・・・山下美月

金森さやか役・・・梅澤美波

道頓堀透役・・・小西桜子

さかきソワンデ役・・・グレイス・エマ

ほか

 

ドラマ「映像研には手を出すな」第1話のあらすじは?

主人公の浅草みどりは、アニメが大好きな高校生です。想像力豊かでわずかな出来事から妄想を膨らませストーリーにしていきます。

みどりはとても人見知りで、話しかけられると何も答えられず卒倒してしまいます。

迷彩帽に迷彩リュックという目立つ格好ですから、興味を持って話しかけてくる学校の生徒もいますが、全く話せません。

みどりが入学した芝浜高校には、413の部活動と72の研究会やその他が学生の組織があります。

部活動が413ってどんだけあるんだ?!と驚きます。

かなりハチャメチャになっています。

部活動のメンバーは自分たちの部活の活動場所や部室、予算を取ってもらうのに必死です。

みどりは人見知りですが、唯一仲良くしている友達がいました。

中学時代からの同級生、金森さやかです。

芝浜高校は必ず何らかの部活に入らなければならず、みどりはアニメ研究会に興味があったので、さやかを上映会に誘っていました。

屋上にいた2人は、校内が何やら騒がしくなってきたのを発見します。

なんとそこにはカリスマ読者モデルの水崎ツバメがいたのです。

彼女もみどりたちと同じ新入生でした。

ツバメはお金持ちのお嬢様でもあったので、さやかはお金儲けできるかもしれないと企みます。

みどりはツバメとツバメの周りを囲んだ学生たちを見て、壮大なストーリーを妄想していました。

その後、アニメ研究会の上映会に足を運んだみどりとさやかは、そこでツバメがアニメ好きだと知ります。

ツバメはアニメーター志望だったのです。

3人で盛り上がる間もなく、ツバメを追いかけている黒服の男たちが乗り込んできました。

ツバメは慌てて逃げだします。

周囲が混乱している中、再びみどりは想像力を働かせて壮大なストーリーを思い描いていたのでした。

 

ドラマ「映像研には手を出すな」第1話のネタバレは?

・みどりとさやか

浅草みどりは芝浜高校に入学したばかりの高校1年生。

アニメが大好きでアニメ制作をしたいと思っているみどりは、日常の出来事から大きなストーリーを考えるのが大好きでした。

ある日校舎の屋上で一人妄想をしていたみどりは、他の生徒に囲まれてしまいます。

迷彩帽子に迷彩リュックという、変わった格好をしているみどりに興味を持った学生が、次々みどりに話しかけてきました。

極度な人見知りのみどりはパニックになってしまいます。

そこに友達のさやかが現れます。みどりは救われました。

 

・さやかを誘うが断られる

みどりとさやかが入学した芝浜高校は、必ず部活動か学生活動をしなければいけないという決まりがありました。

部活動は413、同好会や学生活動は72も存在していて、これらの中から自分で選んで入らなければいけないのです。

部活動だけでも多いのに、様々な同好会が増えている芝浜高校、それぞれの言い分をまとめるのは大・生徒會でした。

大・生徒會は、部活動を仕分けしてそれぞれの活動予算や活動場所などを決定する権利を持っていました。

みどりはアニメ研究会に興味があったので、さやかを誘うのですがさやかは断ります。

 

・水崎ツバメとの出会い

芝浜高校には、水崎ツバメも入学していました。

彼女は超売れっ子モデルでお嬢様でした。

学校の屋上からツバメを見つけたみどりとさやかは、ツバメが黒いスーツの男たちに追われている事に気が付きます。

それを見て、みどりは妄想を始めてしまいます。

一方さやかは、ツバメと仲良くなってお金儲けできるかも・・と企んでいました。

 

・アニメを作りたい!

みどりとさやかはアニメ研究会の発表を見学しに行きます。

するとツバメも来ていました。ツバメはアニメ好きだったのです。

みどりとさやかがツバメに驚いたのもつかの間、また黒いスーツの男が現れました。

 

ツバメは慌てて逃げ出します。

 

男たちから逃げるツバメを見て、ミドリの妄想が再び始まります。

さやかがツバメを助けたことでツバメは何とか逃げ切りました。

ツバメを追っていたのはツバメの家の使用人達でした。

ツバメがアニメ研究会に行かないように阻止しようと監視していたのです。

ツバメがアニメーターを目指しているのを両親が反対しているので、使用人が阻止しに来たのでした。

みどりのスケッチブックを見て、ツバメは感動します。

ツバメもイラストを描いていたのでみどりに見せました。2人は意気投合し、一緒にイラストを描き始めます。

そして一緒にアニメを作ろうと決めるのです。

 

ドラマ「映像研には手を出すな」第1話を視聴した感想

ものすごくスピート感のあるドラマでした。

騒がしい感じのドラマですがアニメ化された作品でもあり、原作が漫画なのでこの展開、流れには納得できます。

ストーリーはかなり面白いと思います。

作品作りの楽しさや難しさを知ることができそうです。

みどりの妄想がなかなか面白いので、妄想好きな人は見ると楽しめるかもしれませんね!

ドラマ「映像研には手を出すな!」の原作が、ebookjapan無料試し読み出来る


ドラマとは一味違う
映像研には手を出すな!」を体験してみませんか!

>>「映像研には手を出すな!」原作をebookjapanで試し読みする

ドラマ「映像研には手を出すな」第1話のみんなの反応は?

タイトルとURLをコピーしました