「シロでも黒でもない世界で、パンダは笑う。3話」川田レンの過去とは?

ドラマ「シロでも黒でもない世界で、パンダは笑う。」は、社会の闇を題材にした、毎話いろいろと考えさせられるドラマです。

3話では、川田レンの過去が露わになりました。

「シロでも黒でもない世界で、パンダは笑う。」川田レンの過去

川田レンの過去は、本当に悲しく視聴者の私までつい泣きそうになってしまいました。

そしてこの過去のせいでレンは、今でもそのトラウマをひきずっていて、早くそのトラウマから解放されたらなと思いました。

そのレンなのですがもうひとつの顔がありそのときは強気でかっこいいです。

そしてセクシーです。体術なども凄くてめちゃくちゃ強い!普段のときは可愛いのですがパンダになるとかっこいいです。

もちろんパンダのときも可愛いです。

川田レンを操る、森嶋直輝

レンをメンタリズムで操っているのはこの森嶋直輝で、過去にお父さんが殺されて本当にかわいそうだと思いました。

戦いになるとめちゃくちゃ強くなります。

黒幕の男と戦いになるのですが余裕で勝てるところが本当にかっこいいです。

頭もよくて強くておまけに顔もかっこいいよくて非の打ちどころがありません。

まさに男の憧れです!

そして どういう関係なのかも気になります。お父さんを殺した犯人が早く捕まればいいなと思いました。

佐島源造の娘を誘拐した犯人と、森嶋直輝の父を殺した犯人との関係が気になる!

佐島源造はふだんと森嶋直輝といるときと全く性格が変わるのでそこもめちゃくちゃ気になるところです。

そして、過去に娘が誘拐されたのですが、その犯人が直輝のお父さんを殺した犯人と関係がありそうなので気になります。

原田源造の娘なのですがめちゃくちゃ可愛いです。本当にこのお父さんの娘なのかと疑いたくなります(笑)

3話のスピードクライミングのコーチに腹が立った!

「シロでも黒でもない世界で、パンダは笑う。」の3話に出てくる、スピードクライミングのコーチがいるのですがこの男がくそ野郎で観ていて本当に腹がたちました。

でも不正が全てパンダによって暴かれて直輝に殴られたときは観ていて本当に爽快でした。

観ていて現実でもこういうのがあるのかなぁとつい思ってしまった回でした。

でもこの回でやっぱ正義は絶対に負けないと改めて思いました。

記者の神代一樹は実はイヤな奴だった?

記者の神代一樹ですが最初は真実を暴いてくれるいい人とおもいきや、視聴率の為ならネタを誇張して出すので嫌なやつだなと思いました。

レンの主治医をしている精神科医なので、たぶんいい人だとおもうのですが時々この人本当に信用できるのかなと思うシーンがあり、レンには気を付けてほしいなと思いました。

そして、怪しいで言ったらカフェの店主も主人公に対して何か隠していそうなシーンがあり、レンの味方でいてほしいなと思いました。

最後に

とにかく出てくる人すべてが怪しい人ばかりで本当にわからないのですが、とにかくレンと直輝には本当に幸せになってほしいなと思いました。

タイトルとURLをコピーしました