「テセウスの船1話」小学生を連れまわす本当の理由は?

ドラマ「テセウスの船」は殺人犯として逮捕され家族が、バラバラになった主人公の過去にタイムスリップして、警察官の父親の免罪を晴らすというSF要素を含んだミステリードラマです。

ドラマ「テセウスの船」は動画配信サービスのParavi(パラビ)で視聴できます。

Paraviの特徴に注目!

スッキリ!CM無し
・登録後、2週間無料【継続利用は月額1017円(税込み)】
・TBS・テレ東の動画てんこ盛り
・テレビ、スマホ、PC、タブレットの視聴可能
・スポーツのLIVE配信あり
無料期間中に途中で解約しても料金負担0円!

Paravi無料体験はこちら
Paravi公式サイト

※最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。

「テセウスの船」小学生を連れまわす父親の行動に不安が隠せない主人公

竹内涼真さん演じる主人公(田村心)は平成元年の事件が起きる年にタイムスリップするのですが、そべてこれから何が起きるのかを当然知っています。

そしてまだ父親が免罪という証拠もないしタイムスリップした時点では、半信半疑の状態でした。

そんな中、父親が事件に巻き込まれる予定の小学生(千夏ちゃん)を連れている場面を見てしまいました。

このシーンで父親は本当に殺人事件の犯人なのかと主人公はもちろん、我々視聴者も確信してしまいそうでした。

でも私は「これには何か別の理由があって連れまわしているだけなのでは?」と考察しましたが、怪しい場面が次々と出てきます。

主人公の目線で考えてみると、やはり父親が事件の犯人だったら過去に来て免罪を晴らすどころか、悲痛な現実を突きつけられてしまいます。

父親は殺人犯ではないと確信

でもストーリーが進むにつれ、父親は別に誘拐する目的で連れまわしていたのではなく、保護する目的ということが分かりました。

そして何より家族を大事にしている姿を見て、主人公はこの人が殺人事件の犯人ではないという事を確信します。
まさか未来の息子が過去に来たとは思っていないだろうし、言っても信じてもらえないかもしれません。
しかし2人の会話するシーンは確かに親子の絆のようなものも見れたし、ミステリーながら家族愛に溢れたドラマだなと感動しました。

父親が犯人でないと分かったら今度は誰が真犯人なのかという疑問が湧きます。

村の中には怪しい人物がたくさんいて、誰が真犯人でもおかしくないといった状況です。

そこにいきなり現れた主人公は当然、怪しまれているしどうやって村の人と信頼関係を結んでいくのか楽しみになりました。

「テセウスの船 1話」のまとめ

このように、ミステリーならではの見ごたえあるシーンの連続でドラマの内容に非常に引き込まれていきます。

主人公は事件が起こる日にちも内容も事件に把握しているので、そこら辺は普通のミステリーとは違う場面で楽しませてくれます。

そして現在ではバラバラとなって世間から逃げるように暮らしていた家族が、こんなにも笑顔で生活しているシーンは心温まります。

特に殺人犯としか見てなかった主人公の父親の家族を愛する場面は、涙なしでは見れないシーンの連続でした。

こんな楽しそうな家族が何の罪もないのに悲惨な生活を送らなければならないのは納得いかないし、タイムスリップによって未来が変われば嬉しいと思いました。

ドラマ「テセウスの船」は動画配信サービスのParavi(パラビ)で視聴できます。

Paraviの特徴に注目!

スッキリ!CM無し
・登録後、2週間無料【継続利用は月額1017円(税込み)】
・TBS・テレ東の動画てんこ盛り
・テレビ、スマホ、PC、タブレットの視聴可能
・スポーツのLIVE配信あり
無料期間中に途中で解約しても料金負担0円!

Paravi無料体験はこちら
Paravi公式サイト

※最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました