ドラマ「テセウスの船」で演じてみたい役とその理由【あなたの予想は誰?】

テセウスの船

冬ドラマで一番人気があるのが、竹内涼真さん主演の「テセウスの船」です。

こういった人気ドラマに出演されている役者さんてうらやましいですね。

役者になりたいけど、なれなかった人も多いのではないでしょうか?

そこで、「役者を目指している人」「役者になりたい夢を断念した人」「テセウスの船が好きな人」に、ドラマ「テセウスの船」で演じてみたい役とその理由を聞きましたのでその結果をお伝えします。

ドラマ「テセウスの船」で演じてみたい役とその理由

佐野和子(榮倉奈々)

50代前半 女性の方から・・

心さんのお母さん。

幸せだった心さんの家族との日々があんな風に地獄に落とされるなんて耐えられないと思う。

けれど心さんがタイムスリップして見た家族は笑顔が絶えない本当に楽しそうで幸せそうな家族だったのであの暖かい家族を演じて、そして特殊メイクをして歳をとったお母さんを演じてみたい。

心さんのお父さんも家族思いで絵に描いたようないい家族だったので。

時間後辛い人生だったと思うけど、あれは多分全部パラレルワールドの出来事で、実際の世界では心さんが時間を止めてくれて幸せに暮らしているはず。

子供達も大きくなって心さんは上野樹里ちゃんと結婚して可愛い孫ができて、お姉ちゃんお兄ちゃんとも仲が良くお父さんも元気で‥という榮倉奈々ちゃんの役を演じてみたい。

30代前半 女性から・・・

心のお母さんである佐野和子を演じてみたいなと思いました。

肝っ玉母ちゃんというか、どんな辛いこともポジティブな方向に変えていける、持ち前の明るさがあってすごくカッコいいからです。

心が平成元年の世界にタイムスリップした時も、心が疑われている中、唯一心を信じて優しくしてくれたのは和子だったし、すごく強い女性だなと感じました。

また、その一方で、現代の世界ではものすごくやつれて深い悲しみと怒りの中にいるというギャップがあるところも、演じ甲斐があるんじゃないかなと思い、演じてみたいなと思いました。

平成元年の和子とはものすごく落差があるし、本当は同一人物だけど一人二役をしているような感覚でお芝居を楽しめそうだなと思いました。

50代後半 女性の方から・・

もし私が俳優・女優でドラマ「テセウスの船」を演じるのであれば、私は佐野和子を演じてみたいと思います。

私はドラマ「テセウスの船」を見ていく中で思っていたことがあります。

それは主人公である田村心があまり深く物事を考えず行動・発言すること、すぐに他人を信用してしまう所を見てこの先田村心はどうなってしまうのかとハラハラと見ていました。

もし演じることになるのであれば、その立場に一番近い役は佐野和子ではないかと思ったからです。

周囲は急にやってきた田村心のことを信じたり信じなかったり、と心境がコロコロと変化していますが、母親である佐野和子は見るからに怪しい田村心のことをどんな状況であろうとまっすぐ信じていました。

なので、もし私が俳優・女優でドラマ「テセウスの船」を演じるのであれば、私は佐野和子を演じてみたいと思います。

田村 由紀(上野樹里)

40代前半 男性の方から・・(書き間違いではありません)

人気ドラマテセウスの船ですが私が演じてみたいのは、上野樹里さんです。1話にでてきて殺されたと思いきや、4話からまた出てきてドラマのスパイスになっています。

上野樹里さんの迫真の演技は竹内涼真をもしのぎ、もはやその存在感は竹内涼真以上のものがあります。

正直、竹内涼真はまだ若いので、表現力やここぞというときの迫力がすくないです。

そこに上野樹里がうまくカバーしていてドラマを引き締めています。

上野樹里の壇上にあがって訴えかけるシーンは見ていて素晴らしかったです。

罵声を浴びせられながらもあの演技がより見ているものをのめり込ませてくれます。

これからは少し出演シーンが少なくなるかもしれませんが、彼女の存在感は凄かったです。

女性の方から・・

由紀(上野樹里)の役が演じてみたいです。

初めの方の回では妻として夫とその夫のお父さんだから信じたいという真っすぐな姿。

最近の回では記者としての自分と、その中で渦巻く自分の感情が混ざり合いながらも真っすぐな姿はどちらも素晴らしく、上野樹里さんとはまた違う自分なりの表現でやるとどう変化するのかは気になります。

自分自身があの立場に立った時、思う事などを表現したら、正義感が普段強すぎる私としてはそれが誇張されてしまうのかなど自分観察もできそうな気がします。

上野樹里さんのスムーズな演技がとても素晴らしいので、それ以上のものは演じれないかもしれないですが、相手の心役(竹内涼真)が引き立ててサポートしてくれそうな気もしますし、その物語に自分も入りたいと思える役です。

20代前半 女性の方から・・

私は、心の妻、由紀を演じて見たいです。

1話では、亡くなってしまいましたが、父親を信じて見ればと励ましてくれましたが、過去へタイムスリップして現代に戻ってきたとき、由紀はジャーナリストになっていました。

そして、彼女は被害者の会で自己主張してくれて、心を守ってくれたのです。

私は由紀が大好きです。

正義の味方みたいな勇ましさと心を思う一人の女性としての強さを感じました。

現代版の由紀は、演じている上野樹里さんと似ているなと感じました。

こんな女性なら男性はホロッといきそうだと思いました。

心が再度過去へタイムスリップする前にプロポーズしてくれて、指輪を渡してくれたことは嬉しかったに違いありません。

今度こそは結ばれてほしいです。

40代後半 女性の方から・・

私はゆきを演じたいです。

心はゆきと死別していたのに、過去を変えたことによってゆきと再会することができました。

それからのゆきとのやりとりが、とても楽しく焦ったいような感覚で楽しくみられるからです。

ゆきが心に寄り添って父の無実を晴らすために強力している様子は、単なる知り合いでもなく何処かであっていたような感覚という感情を微妙に演じるところが面白いです。

心が抑えなければならない感情と戦っているというのは、もちろんゆきには分からないのでしょうが、女性なら心の態度に普通以上の感情を察することもあるのでしょう。

しかし、そこはさらりと素通りしているあたりが自立した女性のたくましさのようなものを感じます。

心が、別人だけれどもう一度ゆきに想いを寄せるような感覚があって、不思議な恋心を演出しているところが次の回(7話)も楽しみです。

佐野文吾(鈴木亮平)

男性から・・

演じるなら佐野文吾をやってみたいです。

個人的に正義感が強いキャラは好きなのですが、佐野文吾は始め犯人のような描写や匂わせ方もありミステリアスな人物でした。

でも本当は家族思いの良い父親という所が好きな理由です。

ちなみに佐野文吾は年老いた姿でも登場していますが、自分がもし年老いたメイクをしたらどうなるのかも気になって演じたいと思いました。

劇中ではかなり窶れた姿で演技なのに、真に迫った感じがして凄く印象的でした。

鈴木亮平さんみたいな演技は出来ないですが、年老いた方が自分的に演技しやすいと思いました。

あと主人公に近いキャラでもあり、最終回に話が進むに連れて目立つ事もあるはずなので、どうせ演じるなら最後まで残るキャラが良いと思いました。

40代前半 男性の方から・・

テセウスの船では、警察官の父である佐野文吾を演じてみたいです。

その理由としては、ドラマで鈴木亮平さんが当初犯人のように怪しく演じたり、家庭的な面を見せたり、喜怒哀楽を爆発させるようなシーンがあったりと、ものすごくストーリーに引き込ませるような重要な役になっているためです。

殺人犯の父として、睨みつけるような顔だったり、家族をアントニオ猪木のモノマネで和ませたりと、幅広い感情を見せる鈴木亮平さんが好きであることも演じてみたい理由です。

そして、実はものすごく家族思いの父が、いい人であればあるほど、見ている側からすると犯人に対する憎悪がかなり強まるのが、物語を面白くする要素になっていると思います。

私も演じるなら、ドラマの中核で感情を揺さぶれる立ち位置で演技したいと感じています。

木村さつき(麻生祐未)

40代前半 女性の方から・・

やっぱり「木村さつき先生」の役が一番演じたいですね。

このドラマの中ではとても印象的な役柄だったと思います。

音臼小事件前は、とても優しく心配りができて良い先生というイメージでだったのに、現在に戻ってきた心が姉の鈴から紹介された義母のさつき先生は別人のような姿。

年を取っているのは当たり前だと思ったけど、不気味な感じの陰がある老婆という感じが強く、やっていることも気味が悪かった。

年齢のわりにPC等も使いこなしていて流石だなって思ったけど、隠しカメラで鈴の監視したり、心をあっている鈴を尾行してみたりもするのも恐ろしい感じだったから、そんな二面性を持った役なので、演じるのには、自分の新たな面見えそうな感じで、すごく面白そうと思いました。

最後に

あなただったら、テセウスの船でどんな役を演じたいですか?

アンケートを募集したばかりで少ないですが、募集はまだ続けていきますので、回答を頂きしだい記事を随時更新していきますね。

アンケート調査はクラウドソーシングで行っています。

最後までお読みいただいてありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました