テセウスの船7話を考察!文吾が不器用過ぎて、家族を説得出来ない?次回8話の心配事?!

テセウスの船

テセウスの船の7話を見て思ったことをお伝えします。

テセウスの船7話を考察!

真犯人のみきおのサイコパスが目立つ

まずは、真犯人のみきおのサイコパスさが際立っていたと思います。

学校で自分が殺したうさぎのことを可愛いかったと言いながら、何にも感じていない様子でおじいさんを平気な顔で毒殺したり、この世から心を消すために、和子を狙うというのは怖すぎると思いました。

特に、和子のお腹に心がいると知って殺そうというのは、子供が考えるようなことではないと感じました。

タイミングよく鈴たちが帰ってきて、みきおの犯行が未遂で終わり、和子が無事で本当に良かったと思います。

しかし、ヴォイスレコーダーで、未来での心とみきおの会話を聞いたからといっても、全てを理解しているのは不思議な感じがしました。

特に、心のタイムスリップを簡単に受け入れるというのは不思議で、心を最初に発見したのがみきおというのも都合が良過ぎると思いました。

もしかしたら、みきおもタイムスリップが出来るのかなという気がします。

ドラマ「テセウスの船」の原作漫画が、ebookjapan1巻無料で読めちゃうキャンペーン中!(2020年3月7日に確認済み)
ドラマとは一味違う
テセウスの船」無料(1巻)で体験してみませんか!原作漫画「テセウスの船」1巻無料

>>「テセウスの船」原作漫画をebookjapanで1巻無料で見る

佐野文吾が不器用過ぎて家族が納得できないのは仕方がないわ!

そして佐野文吾は情熱的で、本当に家族思いですが、不器用すぎると思いました。

いくら家族に危険が迫っているとはいっても、何の説明もなしに、ぶっきらぼうにああいう言い方で言っても誰も納得できないと思います。

未来の世界で、長い間無罪なのに捕まっているというもの、そういう性格が災いしているような気がしました。

心の訴えもあり、家族がバラバラにならずに済んだので、本当に良かったと思います。

また和子は勝気で、普段は佐野文吾の頭を叩いたり、容赦なく何でも言ったりしますが、心の奥底では文吾の事を本当に信用しているのだなと思いました。

信じていなくては、普通なら、あの状況の中で納得できないと感じました。

プロレスネタの鈴木亮平さんの本気の演技

そして、佐野家のお楽しみ会として、無邪気に家族全員で遊んでいる感じが、本当に微笑ましく見えました。

プロレスネタが多く、鈴木亮平さんの本気の演技が見れたのは面白かったです。

また、プロレス全盛期のそういう時代なのかという気がしました。

そして、みきおが最後に学校の放送室で名乗り出たのは、完全犯罪の自信があるのだという感じがしました。

証拠を残さずに、絶対にバレない自信があるのだと思います。

そいて、予告でみきおが苦しんでいる様子もありましたが、あれも毒の量をきちんと調節しているのだと思います。

次回で心と佐野が、証拠を探し出してみきおを追い詰め、事件を防ぐことが出来るのかが心配です。

また、和子に危険が及んでいるような感じのシーンもあったので、和子が無事なのかが気になります。

ドラマ「テセウスの船」は動画配信サービスのParavi(パラビ)で視聴できます。

Paraviの特徴に注目!

スッキリ!CM無し
・登録後、2週間無料【継続利用は月額1017円(税込み)】
・TBS・テレ東の動画てんこ盛り
・テレビ、スマホ、PC、タブレットの視聴可能
・スポーツのLIVE配信あり
無料期間中に途中で解約しても料金負担0円!

Paravi無料体験はこちら
Paravi公式サイト

※最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。

ドラマ「テセウスの船」の原作漫画が、ebookjapan1巻無料で読めちゃうキャンペーン中!(2020年3月7日に確認済み)
ドラマとは一味違う
テセウスの船」無料(1巻)で体験してみませんか!原作漫画「テセウスの船」1巻無料

>>「テセウスの船」原作漫画をebookjapanで1巻無料で見る

タイトルとURLをコピーしました